確定拠出年金

確定拠出年金をはじめましたので、私なりの説明をします。

確定拠出年金とは?

確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん、DC:Defined Contribution Plan[1])とは、確定拠出年金法を根拠とする私的年金である。2001年(平成13年)10月から始められた。「日本版401k」とも言われ、日本の年金制度上は第三階に位置づけられる。
現役時代に掛金を確定して納め(拠出という)、その資金を運用し損益が反映されたものを老後の受給額として支払われる。給付には、老齢給付、障害給付金、死亡一時金があり、その性質上、将来の受給額は未定である。

wikipedia引用

さらに詳しくは、wikiのページへ。

確定拠出年金、、、私の場合

確定拠出年金には、企業型と個人型があります。

私は、民間の会社に勤めていますので、非正規社員ながら、厚生年金に加入しています。

しかし、企業年金には加入できません。

なので、私が加入するのは個人型(拠出限度額 月額23,000円)になります。

※個人型には他に、(拠出限度額 月額68,000円)の自営業者などが加入できるものもあります。

ちなみに、私はSBI証券を利用しています。

確定拠出年金・メリット・デメリット

メリット

拠出金(掛金)全額が、所得税・住民税などから控除されます。

また、運用時、受け取り時においても税制優遇されます。

老後のために銀行や郵便局に貯金するより断然おトクです。

デメリット

拠出金(掛金)は、60歳を迎えるまでの途中引き出しは、原則出来ません。

以上、

詳しくは、ご利用の金融期間にお問い合わせ下さい。

掛金(拠出金)の配分割合

私の、現在(17/01)の掛金(拠出金)の配分です。

スルガ確定拠出年金スーパー定期1年 11,500円

DCニッセイ外国株式インデックス 11500円

以上の2つで運用しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク02




スポンサードリンク02




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする