パチンコの釘の見方

パチンコの釘の見方と考え方の説明をします

パチンコでプラス収支を目指すには、『よく回る』『出玉が多く取れる』台で稼働することが必要です。

その際に一番重要となるのは、パチンコ台の盤面に打ち付けられた『』です。

パチンコの釘の見方については、多くのサイトで取り上げられています。

そのなかでもおすすめのサイトのリンクを張っておきますので、興味のある方は見てみて下さい 。

パチンコ必勝法P+ (イラストなどを使って解説)

パチンコ釘講座の部屋 (釘その1~釘その4-ないところにはない-)と(釘及びゲージの解説・ストロークについて) 

リンク先サイトを見れば十分に釘の見方(釘読み)の基礎は学べると思います。

または、『パチマガ』『パチンコ必勝ガイド』などのパチンコ専門誌などでも最新の台の釘の見方などは書かれていますので参考にして下さい。

パチンコの釘・・落とし穴

サイトや専門誌などで勉強し、いざパチンコ店で台をチェックし、良さそうな調整の台を見つけて打つも回らない・・何故だ・・・? 

【騙し釘】ヘソが広く良い調整の釘に見せて、ヘソ以外の様々な所で回転率を低く抑える調整が行われている。

【ネカセ】 パチンコ台の傾きのことです。 前方に傾斜していると玉は下に下にと落ちやすくなるために、ヘソに入賞しづらくなります。

【ステージ】 ステージ性能は、上記の【ネカセ】にも関わるところですが、個体差が大きい機種もあるため、回転率に差が出ることもあります。


【パチンコの釘の見方を解説した動画】

最後に・・パチンコの釘を完全に理解し、回転率を予想することは難しいです。

パチンコ屋で「この形、このぐらいの調整だったら、ボーダーより回るかなぁ~」と思える台があれば試し打ちをします。

そして、実際に打ってみての玉の動きや、2,000円分ほど打ち込んだ時の回転数などで続行するかを決めます。

想像に反して、あまりに回らず酷い時は、500円でヤメてしまうこともよくあります・・・。

しかし、こういうことを繰り返していくうちに、少しずつ上達するのかなと思います。

まずは、サイトや雑誌で予習して、パチンコ屋で実践して、自分なりにあれこれ考えてみることが重要だと思います。

次⇒パチンコの七つ道具

スポンサーリンク
スポンサードリンク02




スポンサードリンク02




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする